【DTM】モニターイヤホンのMDR-EX800STを購入しました【Sony】

DTM初心者のネブラ星雲(@nebra_nebula)です。

モニターイヤホンMDR-EX800STを購入しました。

モニターイヤホンとは何ぞやという方もいるかもしれませんが、ざっくり言うとDTMなど音楽制作で使うことを目的としたイヤホンのことを言います。

カメラとは全く関係ないのですが、せっかくなので開封の儀をブログに買いておこうと思います。

目次

DTMで使っているモニターヘッドホン・モニターイヤホン

普段写真撮影ばかりしているカメラオタクですが、もう一つDTMも趣味でやっていたりします。

こちらはまだ初めて1年未満の未熟者ですが。。。

普段、DTMではモニターヘッドホンのを使っています。

DTM用の定番ヘッドホンとしてはソニーのMDR-CD900STが定番ですが、私は同じくソニーのMDR-7506を使用しています。

ただ、ヘッドホンはガッツリDTM作業する時は重宝するのですが、フットワーク軽く作業したい場合など、モニターイヤホンが欲しいなぁと感じる場面がちょくちょくありました。

そこで、今回はモニターイヤホンとしては定番の、ソニー MDR-EX800STを購入した感じです。

MDR-EX800ST開封の儀

外箱はただの白い箱です。業務用としての色合いが強い製品のため、下手に装飾に気を配る必要はないわけですね。

箱に装飾がない分、注意書きが目立ちます。

製品に無償の修理期間がなく、全て有償での修理となるみたいです。

プロであるなら修理にかけるコストをケチるな、という感じなんですかね。

ご対面。

イヤホンの他にはキャリングケースとイヤーピース(S、M、L)が付属します。

特にキャリングケースが付属してくるのはありがたいですね。

イヤホンは少し特殊な形状をしており、慣れるまでは取り付けるのに苦労するかもしれません。

左右で色が違うので、色でどっちの耳に取り付ければ良いのか把握できるのは結構便利だなと思いました。

MDR-EX800STはケーブルの取り外しが可能です。

断線した場合、ケーブルを買い換えればそのまま使い続けることが可能です。

これまでイヤホンを買っても割とすぐ断線させてしまうことが多かったので、こういう仕様はすごい便利だなと思いました。プロ用のイヤホンはみんなこうなんですかね?

MDR-EX800STの使い勝手

初めてモニターイヤホンを使ってみましたが、使い勝手は非常に良かったです。

モニターイヤホンらしいクセのない解像感のある音で、モニタリングに最適です。

耐久性についても拘って作られているので、屋外で作業する時などにも頼りになる存在ですね。

思った以上に使いやすいので、最近はMDR-EX800STばかり使うようになってしまいました。

ガチで作業するときはヘッドホンの方が良いのでしょうが、私みたいに趣味としてマイペースに楽しむ場合、イヤホンの方が合っているみたいですね。

まとめ

本日はソニーのモニターイヤホン、MDR-EX800STについてご紹介しました。

割と満足のいく買い物ができたかなぁと思っています。

DTMはまだ初めて日が浅く、まだまだ覚えなければいけないことが非常に多い段階です。

ただ、こういう分からないことを独学で少しずつ学んでいくというのも結構面白いんですよね。

写真撮影と違い、部屋の中でも楽しめると言う点では、今の時代に適している趣味だなと思っています。

いずれ制作した音楽など、ブログでも紹介できる日が来るといいなぁ、、、いつになることやら^^;

と言うわけで本日は以上です!


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる