Hasselblad X1D-50cの予備バッテリーを購入しました

Hasselblad X1D-50cの予備バッテリーを購入しました。

Hasselblad X1D-50cのバッテリーは3400mAh(初期は3200mAh)と、そこそこの容量です。α1で使える『NP-FZ100』が2280mAhなのを考えると決して悪くありません。

ただ、そうは言ってもバッテリー消費の大きいミラーレスカメラ、バッテリーは多ければ多いほど嬉しいものです。

X1D-50cは完全に電源オフにしてしまうと、起動に10秒ちょいかかるお爺ちゃんカメラなので、スリープモードを多用することもあり、バッテリー消費は多いカメラですし。

メジャーなメーカーのカメラであれば、だいたいはサードパーティ製の安い互換バッテリーがあるものですが、残念ながらX1D-50c用としてはそういった便利グッズは(おそらく)存在しません。需要が少なすぎるんでしょうかね。

まぁ、互換バッテリーの使用はカメラにとって良いかという問題もありますし、そもそも選択肢がないので、当然純正のバッテリーを購入しました。

外箱はいつものハッセルのやつですね。

黒をベースとした箱に「H」だけ書かれたシンプルなものです。

ただの外箱何なのですが、こういうところからメーカーの世界観が感じられてカッコいいです。

バッテリーそのものは元から使っていたものと同じですので、特段述べることはないのですが、充電端子側に嵌め込むカバーのようなものがついていました。

これは、カメラ購入時についてきたバッテリーの方にはなかったはず。

使っていないバッテリーの方を保管する時なんかに便利ですね。

今更ですが、X1D-50cのバッテリーって少し変わった形状してますよね。

全てのカメラのバッテリーを見たわけではないのでアレなんですが、たいていカメラのバッテリーって角角しているイメージがあります。

まぁどっちでも良いのですが、こういう形状の方が少し高級感かんじません?(贔屓目)

これで、バッテリー2台体制での運用が可能になりました。

二台あれば、余程ハードな使い方をしない限り、1回の撮影で使い切るということはないかなと思っています。

そもそも、私の場合このカメラは室内での物撮り用途が多く、屋外での撮影はスナップなどの軽めのものがほとんどですし。

今後はもうちょっと思い切った撮影なんかにも、このカメラを使ってみても良いかなと思っています。


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる