PENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4の組み合わせで野鳥は撮れるのか?

K-1 II とDA* 300mm F4の組み合わせ、超望遠レンズとしては定番の組み合わせなのはPENTAXIANの中ではお馴染みだったりします。特に野鳥撮影なんかでは、この組み合わせに1.4倍テレコンを加えた3点セットはPENTAXIANであれば絶対に考えつく選択肢のはず。

DA* 300mm F4は"DA"と付いている通り、もともとはAPS-Cレンズなのですが、なぜかフルサイズのイメージサークルをカバーされており、フルサイズ向けに300mm F4レンズとして普通に使えてしまいます。

もともとAPS-C向けのレンズですので、300mm F4レンズとしては軽量コンパクトな作りのため、PENTAXの望遠レンズとしては有望な選択肢になるんですよね。値段も比較的安いですし。

ただ、そうは言っても300mmの焦点距離というのは、野鳥撮影的には広角レンズの部類に入ります。K-1 IIとの組み合わせで野鳥って本当に撮れるのか、気になりますよね。

と言うわけで、今回は、PENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4の組み合わせは、野鳥撮影にどの程度通用するのかをご紹介したいと思います。

目次

PENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4で野鳥は撮れる?

いきなり結論から申しますが、PENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4の組み合わせでも、野鳥を撮影することは可能です。

IMGP0725
PENTAX K-1 IIと300mm F4の組み合わせでも野鳥は十分撮影できます。

ただ、1.4倍テレコンは必須アイテムだと思っています。300mmレンズというのは、50mm前後の標準レンズと比べると非常に長い焦点距離のため、すごく遠くのものが写せるイメージがあるかもしれませんが、実際使ってみると、意外と遠くのものは撮れないと感じるはずです。

IMGP0712
300mmレンズの場合、テレコンとクロップを使ってもそれほど大きく鳥は写せません

DA* 300mm F4をK-1 IIで使う場合、使える焦点距離は2パターンあります。1つは、そのまま300mm F4として使うパターン。もう1つは、APS-Cクロップを使って450mm F4として使うパターンですね。

これが1.4倍テレコンを使う場合、それぞれ420mm F5、630mm F5まで伸ばすことが可能です。1.4倍テレコン×APS-Cクロップを使えば、焦点距離は600mmを超えてきますので、野鳥撮影にも十分実用的な距離になってくるんですね。

しかし、それでも鳥を十分に大きく写すには力不足なのが実情です。300mmレンズにテレコン、クロップなどを駆使すると、どうしても解像度が犠牲になってしまうため、どこかぼやっとした写真になりやすいです。

こんな写真が撮りたいなら最低800mm以上の超望遠レンズが必要です

それを防ぐためには野鳥を近くから撮るしかありませんが、野鳥というのは非常に警戒心が強い生き物です。なかなか簡単には近づくことはできないでしょう。要は、撮る写真にどれだけ妥協できるかという話になってきます。

とは言っても、予算や重量など、メリットを感じる部分が大きいのも事実です。趣味で野鳥を撮る分には十分実用範囲ですので、PENTAXカメラを持っている方で野鳥を撮り始めたいと思っているのなら、この組み合わせは最適解と言えるかもしれません。

野鳥撮影に最適な焦点距離は?

一般的に、野鳥撮影用のレンズとしては300mmは広角レンズ、500mmは標準レンズ、800mmは望遠レンズ、と言われたりもします。300mmですら広角レンズ扱いとは、何とも恐ろしい世界ですね。

当然、レンズの焦点距離が伸びるほどレンズの重量も値段も跳ね上がりますので、撮りたい写真と価格や重量などを秤に掛け、どこを妥協してどこを妥協しないのか、と言う点を深く考えることがポイントかなと思います。

PENTAX K-1 IIは3640万画素のフルサイズセンサーを搭載しているカメラです。上手くハマれば解像度の高い写真も十分に狙えるのではと思っています。私もそんな写真はまだ撮れていないのですが。

IMGP0844-3
PENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4でも、それなりな写真は撮れるはず

PENTAXレンズで野鳥の撮影に向いているレンズは?

とは言っても、野鳥撮影にハマってっくるとより高いレベルを求めたいもの。PENTAXのレンズの中で、他に野鳥撮影に使えそうなレンズは何があるのか?

正直、PENAXの望遠レンズのラインナップはあまり充実しているとは言い難いです。もともと組織規模も大きくないでしょうし、新レンズが発売されるペースも他メーカーと比べてもダントツに遅いです。ライカより遅いかも?

まぁ、選択肢が全くないわけではありません。PENTAXの望遠レンズの中で、野鳥撮影に使えそうなレンズはこれらでしょうかね。

HD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AW

まずはこちらのHD PENTAX-D FA 150-450mmF4.5-5.6ED DC AWです。PENTAXの超望遠レンズの中で、数少ないフルサイズ向けの超望遠レンズです。

フルサイズ向けですので、K-1 IIで1.4倍テレコンを使った場合でも、周囲がケラレないというメリットがあります。

一方で、焦点距離はテレ側でも450mmと、若干物足りない印象を受けます。1.4倍テレコンとAPS-Cクロップを使った場合、焦点距離は945mmまで伸ばすことができます。800mmを優に超えていますので、小さな鳥でも十分狙うことができるはずです。

HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

続いてAPS-C向けの望遠ズームレンズ、HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8EDです。テレ側はDA* 300mmと同じですが、非常に小型軽量な設計ですので、気軽な野鳥撮影を楽しむなら最適です。

また、値段もDA* 300mm F4と比べても非常にリーズナブルだと言う点と、何気に1.4倍テレコンが使えると言う点が大きいです。

他のメーカーの場合、テレコンは使えるレンズが高級レンズのみという場合も多いのですが、PENTAXのテレコンは使える範囲が非常に広く、DA 55-300mmF4.5-6.3みたいなミドルクラスのレンズでも使用できると言う点が嬉しいですね。

弱点はDA* 300mm F4と同じく焦点距離が野鳥撮影としては短いことです。とは言え、とりあえず野鳥をお試しで撮ってみたいという場合、有用な候補なのではないかと思います。

SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM

サードパーティ製のレンズとしては唯一の選択肢、SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMも選択肢には入ります。

フルサイズ対応で、純正の150-450mmよりもさらに長い、500mmまで対応してくれているのは嬉しいですね。ただ、少々古めのレンズですし、光学性能も値段相応といった感じです。

今となっては敢えて選ぶほどの利点は少ないというのが正直なところです。ただ、焦点距離や値段など、純正にはない価値を持っているのも事実ですので、そこに価値を見出せるならあるいは、というところですかね。

HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AW

私的な野鳥撮影の大本命、HD PENTAX-DA 560mmF5.6ED AWです。こちらもAPS-C用のレンズですが、DA* 300mm F4と同じく、フルサイズのイメージサークルをカバーしているレンズとなります。

フルサイズ単体で使っても560mm、APS-Cクロップだと840mm、さらに1.4倍テレコンを使うと1176mmまで伸ばすことが可能です。現状ラインナップだと、PENTAXカメラで1000mmを超える撮影はこの組み合わせでしか実現できません(過去のレンズは除く)。

600mmに届かないのは惜しいですが、K-1 IIで使っても560mmの超望遠レンズとして使えるのは嬉しいポイントですね。光学設計のルーツもレンズと言うよりは望遠鏡に近く、クリアでヌケの良い描写をしてくれると言う面でも野鳥撮影に最適なのではと思っています。

K-1 II + 560mm F5.6 + 1.4倍テレコンだと焦点距離は784mmとなりますが、これだと四隅がケラレてしまいます。とは言え、どうせほとんど全ての写真は編集でクロップしますので、実際に運用する上ではおそらくFFフレームで使うかなというイメージです。

欠点はお値段が高いことですが、他社の同スペックレンズはフルサイズ向けということもあり、お値段が三倍〜五倍ぐらい高いと言うこともあり、非常にコストパフォーマンスは良いと思います。

私も是非試してみたいレンズのうちの一本です。

まとめ

以上、今回はPENTAX K-1 IIとDA* 300mm F4の組み合わせで野鳥撮影はできるのかと言う点と、その他のオススメレンズについてご紹介しました。

まとめると、次のようになります。

  • K-1 IIとDA* 300mm F4の組み合わせで野鳥撮影はできる
  • ただし1.4倍テレコンはあった方が良い
  • 野鳥撮影では300mmで広角、500mmで標準、800mmで望遠が1つの基準
  • PENTAXの望遠レンズで野鳥撮影したいなら、選択肢はいくつかある

以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる