【レビュー】smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSは買いのレンズか?作例つきで検証【PENTAX K-1 II】

PENTAXユーザーのネブラ星雲(@nebra_nebula)です。

最近のお散歩カメラのお気に入りはPENTAX K-1 IIとsmc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSの組み合わせです。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSはDAレンズ(APS-C向け)ですが、フルサイズのイメージサークルをカバーしています。そのため、K-1 IIでそのまま40mm F2.8のレンズとしても使えるんですね。

一見するとおもちゃのようなレンズですが、撮れる写真は非常に素晴らしく、そのギャップが魅力的なレンズでもあります。

ボディキャップと見間違いそうになるほど薄いレンズ。でも写りは最高。

40mmと言えば、35mmよりは狭く、50mmよりは広い。なんとも中途半端な焦点距離ですが、意外とこれが使いやすくて、まさに絶妙な焦点距離と言ってもいいかもしれません。

特に、室内で子どもの写真を撮ろうとする時、50mmだと画角が狭すぎてシャッターチャンスを逃してしまいがちなんですよね。うちの子は特によく動き回りますので。。。

その点、40mmぐらいであれば、安定して子どもをフレームの中に入れられますので、写真の歩留まりも案外良いのです。

F値も2.8ありますので、K-1 IIぐらい高感度に強いカメラであれば、室内でも問題なく撮影可能です。

本日は、そんなDA 40mm F2.8 XSのレビューについて、作例・サンプル写真付きでご紹介したいと思います。

目次

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSで撮影した作例・サンプル

IMGP0614
PENTAX K-1 II, smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS, 1/30, f2.8, ISO1600
IMGP0622
PENTAX K-1 II, smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS, 1/100, f8, ISO100
IMGP0620
PENTAX K-1 II, smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS, 1/250, f8, ISO1600
IMGP0615
PENTAX K-1 II, smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS, 1/60, f8, ISO100

使うたびに思うのですが、本当にこれがDAレンズなのか?と、たまに忘れそうになってしまいます。フルサイズ機のPENTAX K-1 IIで使っても、撮影した写真に全く違和感を感じません。

40mmという画角は35mmと50mmの中間ということで、まさに2つの画角のいいとこ取りと言ってしまっても良いかもしれません。

スナップ撮影に人気の画角は、GR IIIなどでも採用されている28mmレンズですが、私的には40mmぐらいの方がスナップでも使いやすくて好きだったりします。

もちろん、いざとなればAPS-Cクロップをして60mm F2.8のレンズとしても使用可能です。本来の画角となりますので、描写の安定性はこちらの方が良いかもしれませんね。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSの仕様・スペック

焦点距離40mm
(APS-Cカメラ装着時:61mm相当)
開放絞りF2.8
最小絞りF22
レンズ構成4群5枚
画角39.0゜
レンズタイプ標準単焦点
最短撮影距離0.4m
最大撮影倍率0.13倍
フィルター径27mm
絞り羽根枚数9枚
絞りリングなし
三脚座なし
最大径x長さ62.9mm x 約9.2mm
質量(重さ)52g

マーク・ニューソン氏による個性的なデザイン

PENTAXIANにとってはお馴染み、かの「PENTAX K-01」をデザインしたマーク・ニューソン氏がレンズ外観をデザインしています。

おそらくPENTAX K-01での使用を前提としたデザインだとは思うのですが、PENTAX K-1 IIで使っても結構似合っていると思います。

常用レンズとして使える画角

元々はAPS-C向けカメラで60mm F2.8としての使用を想定しているのでしょうが、フルサイズ機で40mm F2.8として使っても問題なく使用可能です。

40mmにしろ60mmにしろ、50mmの画角より「少し広く」or「少し狭く」という要望に応えられるので、まさに痒い所に手が届く感覚で、非常に使いやすいのかなと思います。

こだわりの描写性能

各種試験機による数値評価だけでなく、実写による画質評価を加味した設計を施すことで、“レンズの味”までも追求した、こだわりの描写性能を実現しています。さらに、より自然で美しいボケ味を実現する円形絞りを採用しています。

リコーイメージングHP

HPの引用では上記のように紹介されています。「レンズの味」という部分が、まさにLimitedレンズに近い設計思想なのかなと思います。

確かに、描写は開放からバリバリシャープと言うよりは、言葉にできない「エモさ」みたいなものを楽しむレンズかなと思います。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSのレンズ構成

レンズ構成(HPより引用)

非常に薄いレンズですが、一丁前(?)にレンズ構成は4群5枚構成で、そこそこしっかり作り込んでいます。おそらく光学設計的にsmc PENTAX-DA 40mmF2.8 LimitedやHD PENTAX-DA 40mmF2.8 Limitedなどとほぼ同じかと思いますので、写りのレベルは高いのだろうなと思います。

描写としては開放から違和感なく使っていけます。DAレンズですが、F8ぐらいまで絞ってもケラレなどはあまり気になりません(気になったとしても編集で修正できるレベル)。

めちゃくちゃシャープに写るというわけではありませんが、このレンズが目指している「レンズの味」まで楽しめる、なんだかノスタルジックな気分にさせてくれる優しい描写です。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSの価格

現在Amazonでは新品が1万円前後で入手可能です。中古でもそこまで価格差がありませんので、今の時期に入手するなら新品を買った方が幸せになれるかもしれません。

おそらく、フルサイズでも使えるレンズとしてsmc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSはトップクラスにお安いレンズですし、撮れる写真は価格以上に良いものが撮れます。

軽くてコンパクトという使い回しの良さも含め、非常にコストパフォーマンスが高いお得なレンズかと思います。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSの外観

長さたったの9.2mm、重さはたったの52gしかありません。レンズというより撮影もできるボディキャップという印象ですね。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSのメリット・デメリット

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSのメリット

  • 新品で1万円前後から入手可能。非常に安くて写りも良い。
  • 見た目がおしゃれでカッコいい
  • 軽くて薄いのでどこへ持って行くのにも邪魔にならない
  • "味"のある描写

値段が安くて持ち運びも便利、描写も素晴らしいと言うまさに牛丼のようなお得レンズです。

下手なキットレンズを買うぐらいなら、ボディ単体とこのレンズの組み合わせで良いのではと思えてしまいます。

40mm(もしくは60mm)という画角は、旅行なんかでも使いやすいと思いますし、色々なシーンで活躍できると思います。

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSのデメリット

  • 若干レンズの作りが安っぽい
  • クイックシフトフォーカス非対応(当たり前かな?)
  • 防塵防滴仕様ではない

デメリットとしては、若干レンズの作りが安っぽい(実際安いのですが)、クイックシフトフォーカス非対応、防塵防滴非対応などでしょうか。

それも、敢えてあげるならという点ですし、実際このレンズで求めるものではないかと思いますので、実質デメリットは無いと言ってしまっても良いと思います。

【レビュー】「smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XS」まとめ

smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSは買いか?

間違いなく買い。むしろ新品が購入できる今のうちに入手しておくべき。

普段使いのレンズとしてほぼ弱点がありません。値段もお安いですので、とりあえずの一本として持っておいても無駄にはならないかと思います。

余談ですが、レンズキャップがゴム式の被せるタイプのもので、ちょっと外れやすいです。外での撮影で使う際は紛失にご注意ください。

まとめ

本日は、smc PENTAX-DA 40mmF2.8 XSのレビューについて、作例・サンプル付きでご紹介してきました。

まとめると、次のようになります

  • 安い、コンパクト、写りが良いのお買い得な牛丼レンズ
  • フルサイズ機でもAPS-C機でも使える
  • 携帯性が良いので旅行などでも大活躍
  • 作りは少し安っぽいので、高級感あるレンズが欲しい人には不向き

以上です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また!


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる