タムロン 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) レビュー

このところLUMIX G9用のレンズばかり買っていましたが、久々にソニー α1用のレンズを購入しました。

購入したのはタムロンの『28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) 』という、F2.8通しのズームレンズです。

F2.8通しのズームレンズと言えば、いわゆる大三元レンズが有名で、一般的に焦点距離は24mm-70mmが採用されやすいです。

このレンズは広角側が28mmスタートである代わりに、望遠が75mmまであるのと、F2.8レンズとしてはかなり軽量コンパクトに作られている ことが特徴になります。

私は同じ立ち位置であるシグマの『28-70mm F2.8 DG DN』も所有していますが、望遠側に強みのある(といっても微々たるものですが)タムロンのレンズに興味があり、使ってみようと購入を決めました。

ブログのネタ的には後継レンズである『28-75mm F/2.8 Di III VXD G2 (Model A063)』を買った方が良いかなという気もするのですが、A036もまだまだ十分活用できるスペックがあると思い、こちらのレンズに決めた次第です(安いしね)。

今回は『28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) 』についての使い勝手レビューと、作例についてご紹介したいと思います。

目次

スペック

名称28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
レンズマウントソニーEマウント
焦点距離28-75mm
開放絞りF2.8
最小絞りF22
レンズ構成12群15枚
画角75°23'-32°11'
<35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ使用時>
52°58'-21°05'
<APS-C サイズ相当ミラーレス一眼カメラ使用時>
最短撮影距離0.19m (WIDE) / 0.39m (TELE)
最大撮影倍率1:2.9 (WIDE) / 1:4 (TELE)
フィルター径67mm
絞り羽根枚数9枚
円形絞り
最大径x長さ73mm x 117.8mm
質量(重さ)550g

外観

外観は特に可もなく不可もなし、という感じでしょうか。レンズの質量を軽くするためなのか、外装はプラスチックボディです。

正直、あまり高級感というものを感じるデザインではありません。まぁこの辺は値段とのトレードオフといった感じですかね。

個人的にはシンプルでそつのないデザインですので、実用レンズとして十分満足する作りになっていると思います。

ポイント

F2.8通しズームとしてはかなり軽量コンパクト

まずは何といっても軽量コンパクトなボディですかね。重さはたったの550g しかありません。

今でこそ競合レンズは増えましたが、もともとこの立ち位置のレンズはタムロンのA036レンズが元祖です。

F2.8のズームレンズと言えば、24mm、28mm、35mm、50mm、70mmという、メジャーな焦点距離を一本でカバーできる使い勝手の良さと、F値2.8というそこそこの明るさを両立している万能性が人気の理由です。一方で、レンズの重量はどうしても重くなりがちだという欠点がありました。

このレンズは広角側が28mmスタートではありますが、非常に軽量コンパクトな作りになっているのが大きなメリットです。

FE 24-70mm F2.8 GM28-75mm F/2.8 Di III RXD
発売日2016年4月28日2018年5月24日
焦点距離24-70mm28-75mm
レンズ構成13群18枚12群15枚
重さ886g550g
ソニーの純正レンズと比較

ソニー純正の『FE 24-70mm F2.8 GM』と比べてみました。重さの差は336gです。わずか300gちょっとの差ですが、カメラは長時間持ち歩くことも多いですので、この重量の差は数値よりも大きい と思われます。

個人的に、手持ちで使うレンズの重量は600gを超えると、身体が感じる疲労に大きく影響してきます。

望遠側75mmまで

広角側が28mmスタートである一方、望遠側は75mmまでカバーしており、一般的な標準ズームレンズよりもやや望遠側に強みがあります。望遠側の5mmの差なんて微々たるものですが、少しでも遠くを移せるというのは純正の大三元レンズや競合のシグマレンズにはない特徴です。

最短撮影距離と最大撮影倍率

FE 24-70mm F2.8 GM28-75mm F/2.8 Di III RXD
最短撮影距離0.38mm0.19m (WIDE) / 0.39m (TELE)
最大撮影倍率0.241:2.9 (WIDE) / 1:4 (TELE)
ソニーの純正レンズと比較

描写

廉価版のF2.8レンズと侮るなかれ、ミラーレスカメラに最適化されている光学設計により、高い解像力と柔らかなボケ味を見事に両立 しています。

α1のような高画素機であっても解像感は全く損なわれておらず、絞り開放から躊躇うことなく使っていけます。

作例

ソニー α1, タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036), 1/800, f2.8, ISO100
ソニー α1, タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036), 1/125, f3.5, ISO1600
ソニー α1, タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036), 1/640, f3.2, ISO640
ソニー α1, タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036), 1/125, f3.5, ISO1250
ソニー α1, タムロン28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036), 1/125, f3.5, ISO1250

まとめ

タムロンの『28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)』は一世代前のレンズにはなりますが、2022年現在でもまだまだ現役で活躍させることができるレンズでした。重量が軽くコンパクトですので、ジンバルに乗せて撮影する時にも使いやすい です。

値段も安く、比較的手を出しやすいレンズですので、初めの一本としてもおすすめできるレンズかと思います。


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる