ソニー「VLOGCAM ZV-E10」を予約する5つの理由

image:ソニー

ついに発表されましたね。

ソニーから、vlog撮影用のレンズ交換式カメラ『VLOGCAM ZV-E10』が発表されました。動画撮影機としては、既にα7S IIIを持っているので、さほど興味もなかったのですが、実際見てみるとレンズ交換式の動画撮影機としてなかなか魅力的なカメラで、価格も非常に戦略的な設定がされており、ついつい購入を決めてしまいました(予約開始はまだですが)。

今回は、『VLOGCAM ZV-E10』の特徴のうち、私が何に惹かれて予約購入を決めたのか、理由を5つほどご紹介したいと思います。完全に自己満足な内容なのですが、商品購入の参考にしていただければ幸いです。

目次

質量343gのコンパクト設計

image:ソニー

『VLOGCAM ZV-E10』は全体的なスペックはスチル機の『α6400』を踏襲していると思われます。しかし、EVFやフラッシュなど、いくつかの機能を省いたためか、カメラの重さはったの343gしかありません。これは、αシリーズの4Kが撮影機能が搭載されているカメラとしては最軽量です。また、サイズも非常にコンパクトなため、コンデジ感覚で持ち運べる点も魅力的にうつりました。

私が所有しているカメラはフルサイズ機というのもあるのですが、重さが倍以上あるため、もう少し軽くてコンパクトなカメラが欲しいなぁと考えていたため、『VLOGCAM ZV-E10』はまさに最適なカメラだと感じました。

前方指向性3カプセルマイク搭載

image:ソニー

動画撮影において、画質は大切なのですが、それ以上に大切なのが音信です。Youtubeの動画などでも、どれだけ内容が面白くても、音質がイマイチだとすぐ見るのをやめたくなったりしませんか?普通のカメラに搭載されているマイクは、最低限の録音機能しか有しておらず、そのマイクで録音をすると、いかにも素人な感じが動画に出てしまします。

それを防ぐためには、専用の外付けマイクをカメラに取り付けて録音するなどの対策が必要ですが、外付けマイクも良い製品は値段がそれなりにお高いため、なかなか買うのが億劫だったりしますよね。

『VLOGCAM ZV-E10』のように、初めから動画撮影向けのマイクを搭載してくれていると、新たにマイクを買い足す必要もなく、特に動画初心者には嬉しい機能になっています(もちろんこだわるなら外付けマイクは必須なのですが)。

バリアングル液晶

image:ソニー

『VLOGCAM ZV-E10』はバリアングル液晶搭載です。ソニーのAPS-Cミラーレス機として初めての搭載になるかなと思います。

α7S IIIを使い始めてから思ったのですが、バリアングル液晶はやっぱり便利です。特に、動画撮影においては、少し下から撮影をしたり、液晶を反転させて自分を見ながら撮影したりと、色々な場面で活躍します。

ソニーのミラーレスカメラはどちらかというとチルト機構を採用したモデルが多いのですが、動画撮影特化の『VLOGCAM ZV-E10』で、バリアングル液晶を採用したのはさすがです。

リアルタイムトラッキング搭載

image:ソニー

ソニーのカメラではおなじみの『リアルタイムトラッキング機能』もばっちり搭載しています。リアルタイムトラッキング機能があると、動画撮影に慣れていなくてもAFのピント合わせが非常に楽なので、これがあるとないとでは動画撮影の難易度が結構違ってくるかなと思っています。

戦略的な低価格設定

これが少し驚いた点なのですが、市場推定価格は税込みで『VLOGCAM ZV-E10』 が78,000円前後 、『VLOGCAM  ZV-E10L』 89,000円前後と、非常にお求めやすい価格設定になっています。今回のモデルが幅広く受け入れを狙っているエントリーモデルというのもあるのでしょうが、なかなか戦略的な価格だなと感じました。

これぐらいなら私のような普段から散財しまくっているオタクでも手が出しやすいですね(笑)

サブ機として十分なスチル撮影機能

image:ソニー

『VLOGCAM ZV-E10』は動画撮影に特化しているモデルですが、私はスチル撮影のサブ機としても運用しようかなと考えています。スペックがα6400と同等モデルなので、AF性能などはスチル撮影機として十分です。

メインで使っているα1がスチル撮影の主役であることに変わりはないのですが、α1そのものをモデルに屋外で撮影したい時などが結構あります(ブログのサムネ用などで)。そんな時、これまではスマホかα7S IIIを使っていたのですが、スマホだと背景をボカしたい時不向きですし、α7S IIIは少々大きくて重い・・・『VLOGCAM ZV-E10』は大きさと性能がサブ機としてちょうど良いかなと思っています。

まとめ

image:ソニー

本日は、私が『VLOGCAM ZV-E10』を予約購入したいと感じた理由についてご紹介しました。動画撮影、スチル撮影どちらの用途としても『VLOGCAM ZV-E10』は十分な性能を有しており、しかも値段も安いです。コスパの良い良カメラだと感じました。いやぁ、これは売れそうですね。

予約開始は7月30日とのことですが、発売は9月17日なのでもう少し先です。実際に手にしたら改めてレビューしたいと思います。

ソニー『VLOGCAM ZV-E10』の商品ページ
スペシャルサイト


クリックしていただけるとブログ更新の励みになります

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる